FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学病院 2回目

検査の結果を聞きに、母と2人で(未成年のため、保護者と一緒にと言われた)再度大学病院へ行く。


まずは、難しい検査データを見せられる。

それには、特別検査項目(血中ホルモン濃度)に異常値を示す「!」が3つも並んでいる。

テストステロン(男性ホルモン) 0.65ng/ml (男性の正常範囲 2.01~7.50)
エストラジオール(女性[卵胞]ホルモン) 116pg/ml (男性の正常範囲 2.0~6.0)

この2つが、かなりの異常値らしい。 (そんな数字見せられたって、分かんないよ)

数値だけを見ると完全に女性の値となっている、と話す。


要するに、今、僕の身体は女性ホルモンの増加と男性ホルモンの減少により、

急激に女性化しているということだ。 (そんなの見れば分かるって!)


先天性のクラインフェルターが直接関係しているとも言えないが、

思春期や成長過程におけるホルモンのバランスが崩れたことが一番の理由。

しかし、何故こんなにも大きく変化したのか、その原因は不明。

(要するに、原因は何も分かっていないってことじゃん!)


治療法としては、単純に男性ホルモン(テストステロン)の投与が考えられるが、

16歳という成長期に投与するのは副作用が大きい。

また、ホルモンバランスが崩れた理由もハッキリ分かっていないのに、

男性ホルモンを投与していくのはリスクが大き過ぎるらしい。


胸の膨らみは、女性ホルモンが増大した影響による女性化乳房症と診断された。

乳腺が完全に発達している真性女性化乳房だが、手術で取り除くことが可能と話す。

(ちなみに、数日で退院でき、費用は60~70万円位とのこと)


中1の頃から、少し胸が膨らみ始めた。

女性ホルモンの値は少し高めだったが、とりあえず経過観察ということだった。

「そのうち元に戻る・そのうち良くなる」と思っていたのに、結果がこれだ。

「あなたは女の子になりました」・・・って言われたみたいで、すごくショックだ。


その場で、僕は先生に何も言えなかった。

母も検査の結果だけを聞いていた。

結局、何しに来たんだろう? (検査の結果を聞きに来たんだけどさ)


そして、これからどうしよう?

スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

琴美

Author:琴美
看護学生です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。