FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京 2日目

今回も18禁の内容ですっ!



翌日は、午前7時起床。


昨夜はそのまま就寝したので、まずはシャワーを浴びさせてもらう。

バスルームから出ると、予想してた通り

脱衣所には女性用の下着が用意されている。

「ちゃんと、それを付けるんだよっ!」

ショーツ(パンティーって言うと訂正させられる)をはくのは、とても抵抗がある。

何で僕が、こんなのを・・・ と思ってても、綾乃さんには逆らえない。

ブラを付けるのも、後ろのホックが留められなく、もどかしい。

付け心地はすぐに慣れるんだろうけど、締め付け感や肩紐がちょっと気になる。


「今度からちゃんと自分でお手入れするんだよ♪」

眉を整えられる。前よりも、細くされた・・・

そして、しっかりとメイクされる。

「う~ん・・・元々が童顔で子供っぽいから、これ以上は無理かなぁ~」

鏡を見せられ、そこに映る自分の顔に驚く。

自分で言うのも何だけど、かわいい(オイオイ・・・)

メイクってスゴイ! 男の人は、これで騙されるんだな、きっと(笑)


綾乃さんがクローゼットから服を取り出し、それに着替えさせられる。

今風の女性の格好だ。

足のサイズは同じなので、「はい、靴はこれを履いて」と。


「え? どっか、お出かけするんですか?」

「そうよ。それから、あんた20歳の女子大生ってことなってるから。

絶対に未成年ってバレないようにしてよね」


何処に行って、何をするのか尋ねても、「内緒♪」と言って教えてくれない。

何か、すっごく嫌な予感がする・・・



電車に乗って、1時間ほどで某駅に。

時間も時間なので、ここでお昼ごはん。

そこからまた乗り換えて、ある駅で若い男の人(20代前半)と会う。

その人と3人でタクシーに乗り、着いたのは・・・普通の家。

チャイムを鳴らすと、出てきたのは年配の男性。

会釈だけして、綾乃さんと離れないよう後に着いて行く。

何があるのか分からないから、不安で不安でどうしようもない。


そして、そこで行われていたのは・・・

集団でのSM行為・・・

裸にされた女の人が3人、縛られて調教を受けていた。

ものすごい衝撃的な内容・・・

初めて見る行為に、硬直してしまう。

綾乃さんが「琴美、不安と恐怖で泣きそうだったよ」と、後で教えてくれた。


「琴美は見学だけだから安心していいよ」と綾乃さんに言われたけど、

この人の言葉は全く信用できない。

用意してくれた椅子に座らせてもらい、心を落ち着かせようと努める。

綾乃さんは「着替えてくるから」と、一言

この場から居なくなってしまうに不安を感じ、

僕は「一緒に付いて行く」と離れることを拒んだ。


見知らぬ人ばかりで、SM行為が行われてる状況下、

しかも今の僕は女子の格好をしている。

こんな環境で、一瞬でも綾乃さんと離れたくない。

このまま置いて行かれたりしたら・・・ と思うのは当然だ。

不安でたまらない思いから、つい騒ぎ出してしまった。

そんな聞き分けの無い行為に綾乃さんもカチンときたらしく、

男の人に僕を縛り付けるようにお願いしてしまう。

男性2人に押さえられ、両手・両足をロープで縛られる。

僕が騒いで暴れたため、口にも何か入れられ、声が出せない。

この状態で椅子に座らされ、大人しくするしかなくなった。

これ以上抵抗すると、本当に危険と思ったから。


涙が流れるけど、両手を後ろに縛られてるので拭くことも出来ない。

Mの女性は3人居て、さっきからずっと責めを受けている。

見てて本当に辛そうだし、痛そうだ。女性は悲鳴をあげてる。

「もう止めて」と言ってるのに、全く止めようとしない。

それどころか、男の人は皆、楽しんでいる風に見える。

あまりにも可愛そうだ。

もし僕がこういう行為をされたら・・・  嫌だ! 考えたくもない!

こんなことを平気でする、男の人が理解できない。


綾乃さんが戻ってきた。

黒い革製(?)の衣装を着てる。いわゆる女王様スタイル。

綾乃さんのこういう格好は初めて見るけど、恐ろしいくらいに似合ってる。

これが、綾乃さんの本当の姿かも知れないと、改めて思ったくらいだ。

「せっかく可愛くメイクしてきたのに、泣いたらダメじゃない」と、涙を拭いてくれた。


一緒にタクシーに乗って来た男の人は、服を脱がされ、両手を縛られ吊るされてる。

後で知ったことだけど、この人は、綾乃さんの奴隷さんらしい。

さすが、『若い男の子が好き♪』だけのことはある。

だけど、思いっきり鞭を振るう綾乃さんは、見ていて本当に怖い。

僕の知ってる綾乃さんとは別人だ。


ここに居るのは、S男性4人、S女性(綾乃さん)1人、M男性1人、M女性3人

そして、僕。

今日の夜にやって来た人も居たから、人数は増えたり・減ったりしてる様子。

更に驚くのは、2泊3日の泊り込みでやってること。

男性は楽しいのだろうけど、3日間も責めけられる女の人は、あまりにも可哀想だ。

この家は、SM行為をするための設備・道具がすごい整っている。

何と、地下に檻(牢屋?)まであったりする。

どういう世界観なんだろう?


見学だけと言っても、縛られて椅子に座らされてるのから、トイレにも行けない。

声も出せないし、何かしても逆効果にしかならないだろうから、

じっとトイレを我慢するしかなかった。綾乃さんも、僕を気にしてくれないし・・・

それよりも、他の男性が僕を触ろうとしたり、

屈辱的な言葉をかけてくるのが怖かった。

もじもじする様子を察してか、綾乃さんの了解を得てやっと解放してもらえた。

手首には縛られた跡が、くっきりと残っている。


どうやら、夕飯もここで食べていくらしい。

男性陣は料理も上手だ。ハッキリ言って、綾乃さんは今ひとつ。

(こういうコトを書くから、あとでまた叱られる・・・)

奴隷の皆さんは、首輪を付けられたまま四つん這いになっている。

奴隷さんは、その他にも道具を挿されたり、付けられたり、

可哀想な状態になってるんだけど、具体的には書けません。

犬のエサ皿に食事を入れられ、四つん這いで食べる奴隷さんの姿は

僕にとって、あまりにも衝撃的でした。


そんな環境では、当然食欲もなく、ほとんど残してしまう。


早くココから逃げ出したいのに、あろうことか今夜は泊まりだと話す。

絶対に、もう耐えられない。これ以上は無理。

なのに、「もう、帰ろう」と言う意見を聞き入れてはもらえず。


そのまま、夜を迎える。

スポンサーサイト
[PR]

東京 初日

今回のブログ、かなりアダルトな内容書いてます。

18歳未満は禁止かも・・・ そう言いつつ、自分は?



スクーリングで東京へ行くときは、いつも綾乃さんのアパートに泊めてもらってる。

今回で、もう3回目だ。


だけど、相手は綾乃さん。単なる「宿泊」で済む筈がない。

初めて泊めてもらったのは、2010年5月。

「女の人だから大丈夫」と安心してたのが、そもそもの間違いだった。

SMの女王様として働いてたこともある、怖い人。

年下の男の子が大好きという、危険人物です。


抵抗も虚しく、服を脱がされる。

僕が男子だってことは、かなり前から言ってあったんだけど

このときまで綾乃さんは信じていなかったらしい。

僕のちんちんを見て、初めて「え? ホントに男の子・・・なの?」と。


両手を後ろに縛られて、エッチなことをされた。

怖くて、恥ずかしくて、とにかく泣いていた。

デジカメで写真も撮られ、もう綾乃さんには逆らえない状況。

学校には、女子として登校。

今後スクーリングで東京に来る際には、必ずココに泊まることを約束させられた。


当時は、あまりの内容にブログを書くコトができなかった。

って、普通そんなの書けないでしょ・・・)

いつまで経っても、そのときのコトをブログに書かないので、

何度も綾乃さんにメールで怒られていた。



前置きが、めちゃめちゃ長くなったけど、

今回こそはちゃんと書かないと「後で酷いことになるよ!」と脅されてるので

書くことにしました。


スクーリングが始まる前の三連休。

この3日間は、あまり思い出したくない・・・


綾乃さんとの再会。

すると突然「どうして、クリスマスに贈った服を着て来ないのっ!」

「スカートとか、可愛い服、あったでしょっ!」と、会うなり叱られる。

そして僕の顔を見るなり、「もぉ~、せっかく細眉にしたのにっ!」と、また叱られる。

眉が細いのって恥ずかしいから、わざと手入れとかしてなかったのに・・・


散々叱られたあと、綾乃さんの家へ向かう。

話題は、松本さんとの関係に。

「ふぅ~ん、最初はデートするのも嫌がってたのに、今はお付き合いもしてるんだぁ~」と意地悪く言う。

更に・・・

「松本君の彼女になったんだぁ~ でも、琴美はあたしの奴隷なんだよねぇ~」

「でも、まだ男の子とは言ってないんでしょ~」

「エッチしようって来たら、どうするの~?」


綾乃さん、ヒドイ・・・


「じゃ、始めよっか♪」と何の脈絡もなく、服を脱がされる。

「まーた、男物のパンツなんかはいてっ!」

「後で、ショーツはかせるからねっ!」と、やっぱり叱られる。


首輪を付けられて、

黒い皮製の拘束具で、両手・両足を固定される。

これで留められると、本当に逃げられず、全く抵抗できないからすごく怖い。

綾乃さんにされるがまま、なのです。


鏡の前に立たされる。

こんな格好をしてる自分が、とても恥ずかしい。

「琴美、可愛いよ^^ このまま本当のM女になっちゃう?」と、綾乃さんは本気だ。

後ろから胸を揉まれる。そして、乳首を摘まれる。

異常なくらい感じて、声が出てしまう。

「男の子なのに、乳首感じちゃうんだ」と言われるのが、一番恥ずかしい。

声を出さずに我慢なんて、絶対に無理。

そして、そのうち立っていられなくなる。


「ココまで来たら、女の子なら濡れてくるし、男の子なら勃つのにねぇ」

と綾乃さんは言うけど、僕のちんちんは大きくなったりしない。

睾丸も生まれつき無いから、射精とかもない。


男の人は精液を出す瞬間が一番気持ち良いと聞くけど、僕には「それ」がない。

染色体やホルモンの異常から、見た目は思いっきり女子だけど、

両性具有とかじゃないので、女性器は無い。

(睾丸が無い代わりに、その部分には左右に広げられる女性的な割れ目が

形成されてる。勿論、女性器は存在しないけど。有ったら・・・困るよ)

なので、女の人の気持ち良さも知らない。


だから、イクってことを僕は知らない。

延々と綾乃さんに責め続けられる。


「本当は、鞭とかロウソク垂らしたいだけどね~♪」

「浣腸くらい、してみる?」

そんなの、絶対・絶対無理。

「ふぅ~ん、そうなの? じゃあ、その代わり、あたしに奉仕してもらうよ」

綾乃さんのあそこを、舐めさせられる。

それも、ずっと。

両手は後ろで固定されたままだから、抵抗も出来ない。

顔をあそこに押し付けられ、逃げられない。

綾乃さんがイクまで、ずっと舐めるしかない。


さっき時計を見たときは、午後11時だった。

今日は何時に解放されるんだろう・・・?

あぁ、お腹減ってきたなぁ・・・

明日は何されるんだろう?

こういう状況なのに、意外と冷静な自分が居る。


結局、寝たのは午前1時過ぎだった。


初日、終了。


エッチ

男の人は、基本的にHだと思う。

う~ん・・・ やっぱり、そういうコトをしたいんだろうな・・・と。

抱きしめられて、キスされて、胸を揉まれたりする。

勿論、相手は松本さんです^^

正直に言うと男の人相手にHなコトされるのは嫌だけど、

いつまでも拒否するのも悪いし、触るくらいなら・・・と。

ただ、下半身にまで手が伸びてくるときは、「絶対ダメッ!」と本気で抵抗するけど。


お互い実家なので、相手の家(部屋)にまで行くことがないから、

個室とかで二人きりになることは、まだない

でも、そういう環境になったら、覚悟は必要かも・・・


来週から、またスクーリングが始まります。

例によって、「早目においでっ^^」と綾乃さんに呼び出されてるので

金・土・日の3連休を含め11日~19日の日程で東京へ行ってくるよ。

9日間もバイトを休むことにもなるけど、年2回のスクーリングで東京へ行くので、

その間バイトに来れないことは予め店長にも伝えてあります。

なのに、あまり良い顔はされなかったなぁ・・・(笑)

プロフィール

琴美

Author:琴美
看護学生です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。