FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び、引きこもり

生活していくための手続き関係は、少しづつ進んでいる。

だけど、予想以上に、お金は入って来ない。

世の中、そんなに甘いもんじゃないってコトだ。

銀行にも預貯金があったんだけど、それ以上に借入金の金額が多かったので

遺産放棄の手続きはしておいた。

通信制高校の授業料は、その後、免除が認めらた。

テキスト関係も無事に揃ったし、とりあえず、こっちは何とかなりそうだ。


一人暮らしする程の経済力なんてあるはずもなく、

(経済力うんぬんの前に、一人で生活できるかが疑問)

かと言って、施設とかには行きたくない。

親族は無く、友達も皆無。

結局、一番身近で頼れる人・・・ 綾乃さんしか居ないという結論。

ただ、何年もココにずっと居候してる訳にもいかないだろうし・・・

それに、僕自身に自立する想いと力が備わっていない気もする・・・

何か、どうしようもない人間だ。

イヤ、最近は「人間」でもない。ホントに「奴隷」になってる。


GW以来、外出が出来なくなった。

理由は、人間不信。人が怖い。特に男性。

大声で怒鳴られ、叩かれ、言うコトを聞かされる。

出来なければ、酷い目に遭う。

絶対に嫌なのに、無理矢理させられる。

自分は奴隷じゃないって思ってても、こんな目に遭い続ければ

自分は奴隷なんだ・・・って思い込んでしまう。

ある意味、洗脳だ。

もう、正しい判断力すら、無くなってしまった。


更に、男としての精神を奪われる辛さ。

身体的にも精神的にも、女子として扱われる。

そして、「女子になる」という生き方を強制された。

女にさせられ、奴隷にさせられる。

つまり、牝奴隷として躾られ、調教を受ける運命らしい。


そんな運命、絶対にヤダよっ!!



なので只今、引きこもり中なのです。

う~ん、学校でイジメに遭ってた頃と、何にも変わらない気がする。

あ、でも違う。

今は家に居ても、奴隷だから。

首輪付けられてるし。

スポンサーサイト
[PR]

奴隷

GW、すごい辛かった・・・

毎日、泣いてた。




出発前に、綾乃さんに言われた言葉。

「琴美。今回は、あんたも奴隷扱いだからね。今から覚悟しといた方がいいよ」


そんな覚悟なんて無理だから、帰る! って言っても、聞き入れてもらえない。



5月3日、綾乃さんに例の場所へ連れてこられた。


そして、綾乃さんは僕の事を

「この子は、私の奴隷の一人で琴美って言うの。

女の子に見えるけど、本当は男なのよ。

この子が中学生のときに睾丸を取って、それからずっと

女性ホルモンを摂取させてきたの。もう、完全に女にしか見えないでしょ。

このまま女にして、奴隷にさせるから宜しくね」

と紹介した。


女性ホルモンを摂取したくらいで、こんな体になる訳ないって!

理由なんて、かなり適当だ・・・

しかも僕、20歳の女子大生ってコトになってるし。


そして、綾乃さんを始め、皆に調教される・・・


今回されたコト、具体的にはブログに書けない。

前回の調教内容ですら、

いつの間にかアメーバ側から記事が削除されてた位なのに。

なので、僕の思ったコトを書くことにする。


調教開始から、すぐに泣き叫ぶコトになった。

痛い。苦しい。辛い。気持ち悪い。

とにかく、もうヤダ! でも、逃げられない。

泣いて抵抗する度に、顔を平手打ちされて、言うコトを聞かされる。

出来ないものは出来ないし、無理なものは絶対に無理。

なのに、無理矢理させられる。

理由は・・・奴隷だから。



その夜は、他の奴隷さん達と一緒に地下牢に入れられた。

調教で受けた体の痛みと、

今現在も付けられてる拘束具や挿入されてるモノで辛くて眠れない。

僕がこんな目に遭ってるのに、綾乃さんはシャワーを浴びて、

今頃は2階のベッドで寝てるんだろうな・・・と思うと、また泣いてしまう。


何で、こんなコトされてるんだろ?

どうして奴隷なんだろ?

本当は男なのに、僕のコト、皆は女子として見てるんだろうか?

ちゃんと家に帰れるのかな?

あのまま津波で流された方が、マシだったかも。

僕が生きてる意味って、奴隷になるコトだったんだろうか?


色んな想いが、頭の中をぐるぐると回った。



これだけ肉体的な調教を受ければ、精神的にも正気でいられるはずがない。

3日間もこんな目に遭えば、あまりの辛さから早く解放されたくて

自らを奴隷と認めてしまった。



そして、とんでもないコトが起こる。

GWは3・4・5日の連休で、ココに来ていた。

綾乃さんは6日に仕事があるため、5日の午後には帰る予定だった。

なのに・・・僕を残して、綾乃さんは一人で帰ってしまう。


綾乃さんの奴隷として連れて来られたのだけど、その本人が帰ってしまったため、

残ったS男性3人に、更なる羞恥と苦痛を受ける。

他にも奴隷の立場となるM女性さんが3人居るのだけど、

泣き喚き、抵抗してしまうので、僕への仕打ちが厳しくなる。

仕舞いには、信じられない台詞まで言って、許しを請う自分が居た。


そこには、人としての僕は存在しなく、奴隷の身分になった僕が土下座をしていた。



8日の夜、一人で綾乃さん家に帰ってきた。

他に行く当てもないし、結局、何をされても、ココが帰る場所なんだ。

問題、山積み

本日、綾乃さんは仕事に行った。でも、また明日から3連休らしい。

世間ではGW真っ只中だもんね。


綾乃さんとの共同生活も、もうすぐ1ヶ月になろうとしている。

一緒に生活してるってコトは、色々と家事を分担しなきゃいけない訳だ。

居候の身で、仕事もしてない僕は、掃除・洗濯・買い物・ゴミ出しの担当となった。

(ちなみに、自主的に担当になった訳じゃない・・・)

母親と暮らしてたときは、家の手伝いなんて何もしていなかったので、

生活するって大変なんだぁ・・・と。

それと共に、親の存在のありがたさに実感する。

あと、料理は全くダメなので、とりあえず「ごはんを炊く係」には任命された。

(お米を磨いで、炊飯ジャーのスイッチを入れるだけ)


そして、これからのコト・・・

自分では前向きに行動してるつもりでも、まだ心の整理が付いてないトコもある。

震災で、あれだけのコトがあったのだから、それは仕方ない。

いつまでも、綾乃さんの家に居る訳にもいかないだろうし、

お金の問題もある。先のコトを考えると、不安だらけだ。


携帯を紛失したため、連絡先も分からなかったから、

東京の親戚宅には直接行って、

母や祖父・祖母など身内が全員亡くなったことを話してきた。

当然のように今後の身の振り方も心配されたけど、

今は知り合いの家に身を寄せてると説明し、援助は不要と断ってきた。

今回の震災の報告義務くらいはあるだろうと思い、行ってきたけど、

ここは父方の親戚に当たるので、正直あまり関係を持ちたくないのだ。


次は僕自身の立場。

ココ東京の役所でも色々と相談ができ、職員さんも親切でした。

今回の震災で親が死亡、かつ僕自身が未成年ということで

僕は震災孤児という位置付けになるらしい。

ただ、この言葉、あまり好きになれないのは僕だけ?

国(県?都?)としても、ほっとけないらしく、色々と大変みたい。

(何か、他人事のようですが・・・)

震災孤児のために、里親制度もかなり確立されていると教えてくれたし、

児童養護施設(原則18歳までだけど、場合によっては20歳まで延長可能らしい)

への入所も勧めてくれた。


ただ、僕の場合、この体が問題なので

知らない場所で生活したくないし、他人にも知られたくない。

女子として生活すれば問題ないのかも知れないけど、

万が一、男子とバレたときのコトを考えると、周囲の反応がすごく怖い。

イジメられるコトを考えて暮らすのは、もうイヤだ。


あと、生きていくために必要なもの。

それは・・・お金。

ハッキリ言って、お金がなくちゃ生きていけない。これは現実だと思う。

当然、17歳の僕自身に、生活するだけの資金がある訳もない。

アパートごと津波に流され被災したので、財産など何も残っていない。

子供の僕が知る由も無いが、もしかしたら母が幾らか貯金してるかもと思い、

銀行で調べてもらっていた。

かなり時間はかかったけど、○○万円の残金があることが分かった。

しかし・・・それ以上に、銀行からの借入金も、相当額あることが判明。

勿論、こんな借金は全部、父親のものに違いない。

母はかなり遣り繰りして生活してたけど、家の家計は苦しかった。

高校の入学金まで払ってくれたのに、中退した僕はすっごく親不孝者だったと思う。


国からの援助金とかを、当てにして生きるしか方法はないのだろうか?

銀行からの借入金は、僕にも返済義務があるんだろうか?

何より、これからど~しよう?

将来? 何したらいいんだろう?

色んなコト考えると、頭が痛くなってくる。


明日からの3連休は、例のSMの館へ、綾乃さんに強制連行される。

とにかく、あそこには行きたくない。

何かイヤなコトばっかりだ。


プロフィール

琴美

Author:琴美
看護学生です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。