FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントに対して

琴美です。

ここ半年くらいの間に、沢山の方からコメントを頂いてました。
進学したコトに応援してくれる人、今の環境から脱出しなさいとアドバイスしてくれる人、
奴隷として扱われてる状況から助けたいと言ってくれる人。
それとは別に、本当は奴隷になって嬉しいんだろ、という誹謗中傷も少なからずあります。

今の自分の環境が良いとは思っていませんし、
このブログを見てる人が、どういうふうに感じて、どういうふうに捉えてるのかは
だいたい想像が付きます。

某別荘で長期の調教を受けている時は、
完全に身体を拘束され、檻に入れられた監禁状態なので
どんなに辛くても逃げ出すことは不可能です。
だけど、普段の生活は自由なので、この環境から逃げ出すコトはできます。
でも・・・コメントを頂いた「MY」さん「思ったこと」さんがおっしゃるように
自分の居場所をココに求めているのも確かです。
奴隷になっていれば、ココに居られる。
学校に行けば、友達も居る。
学校に行って資格を取って、就職も考えてる。
以前は全く見えなかった、自分の存在価値と、進路が少し見えてるんです。

昔は、自分の存在してる意味が、何も見つけられなかった。
友達も居なく、いじめに遭って、高校辞めて、引きこもりになって・・・

綾乃さんと出会ったコトは、色んな意味で大きな変化でした。
あとは、バイトしたり、彼氏(?)ができたりして、
少しづつ自分の中で内向的な思考から、何かが変わりつつあったもん。

で、3・11の東日本大震災。
人生の終着駅とも思えたけど、多く人の助けで、人生の分岐点に変えることができた。
その後、あたしの人生において最初で最後とも言える(笑)猛勉強をして受験、そして合格。
高卒認定試験も通り、無事に進学。
そして・・・奴隷契約。勿論、自分の意思です。

昔のあたしは、人との接点が母親だけでした。
それが今は、学校に行けば友達も居るし、先生とも話す。
病院実習では患者さんとも関わるし、普段あまり会話のないクラスメイトともグループになる。
普通の人だと、あまり意識しないのかも知れないけど、人と接点があるのって
自分はココに存在するんだって価値が見つけ出せるの。

奴隷になってるのだって、そう。
普通に生活してたら、絶対に知り合えない人達ばかり。
そんな人が、あたしに存在価値を与えてくれたの。
「牝奴隷」として生きる道を。
ただ、調教は想像してたよりも厳しくて、耐えられないコトだらけ。
自分んで選んだ道だけど、「奴隷だからって何で、こんな目に遭うの?」
辛くて辛くて、誰か助け出して欲しいって何度も思ってました。
(前回のブログで「奴隷宣言」をしたばかりなのに、こんなコトを書くと叱られそうですが)
永井さんの調教は、NGもギブアップも認めてもらえないので
あたしが泣こうが喚こうが一切許してもらえない。
だから、死ぬほど恥ずかしい目に遭ったり、想像以上の苦痛も伴う。

だけど、牝奴隷になって言うコトを聞いていれば、生活の不自由はない。
何より、こんな身体のあたしを認めてくれる。
ペニスはあるけど、睾丸は生まれつき存在していない。
だけど、外見は完全女子。性染色体も、ほぼ女子。
当たり前だけど、女性生殖器は存在しない。
こんな男でも女でもないあたし、認めてもらえるだけで、感謝しないと。
洗脳されてると言われれば、確かにそうかも知れません。
でも、それでもいいんです。
長期監禁のあとに精神崩壊するのは、現実との区別が付かないからなのかも。

「和牛あやね」さんから「助けたい」とコメント頂いてますが、
調教を受けてる時なんかは、本気で逃げ出したいと何度も思います。
この苦痛から逃れるんなら何でもするって思うくらい、辛いし。
「助けに来たよ」とアパートにやって来て、手を引かれ、
連れ出してもらえたら、そのまま付いて行くでしょう。
でも、自分からは動けません。こんな性格なので、周囲に流されるまま。

母子家庭で育ったせいもあるけど、大人の男性に軽い恐怖があります。
怒鳴られただけで、怖くて逆らう気にはなれません。
ビンタの一発でも受ければ、もう完全に、言いなりですから。
「他に居場所なんて無いんだ。ココに居ろ」と言われれば、従うしかありません。

調教の内容を、ブログに書くよう指示を受けてるのは事実です。
「あ」さんのコメント通り、ブログの内容が学校や日常の生活よりも
SMばかりになってしまってるのは、自分でも奴隷として認めてしまってるから。


色々な意見や考え方があると思いますが、
永井さんも「管理人のみ閲覧できます」というコメントを見ることが出来ます。
(一度、コメントに対して書き込みしていましたし)
そして、対応が面倒だからと、永井さんがコメント不可にしたようですが、ご了承願います。

ブログは・・・学校での出来事を中心に続けるつもりでいますので、
気長にお付き合い下さい。
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

琴美

Author:琴美
看護学生です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。