FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京 3日目

えっと・・・ 18禁ですので、年齢確認をお願いします。

って、どうやるのか、やり方知らないし・・・



タイトルは3日目だけど、2日目の夜からです。


この場所には居たくないけど、他に行くトコもないので黙って座ってるしかない。

だけど、他の男性から会話も振られる。


「琴美(「呼び捨てにされる)は、綾乃さんの奴隷なんだって? レズなのか?」

一応、そういうコトにしておくのが無難だ。


「すごい若く見えるけど、ホントに女子大生か?」

未成年はマズイってコトで20歳の女子大生と偽ってるんだけど、

下手したら中学生に間違われるコトだってあるんだ。女子大生は無理がある。


「今回は見学だけか? 俺に調教されてみるか?」

たとえ殺されても、あんたにそんなコトされたくねーよっ!


奴隷さん達は見てるだけで、すっごく可哀想だし、辛そうだ。

僕なら、こんな目には死んでも遭いたくない。

だけど、奴隷さんは、どういう理由で、こういう立場になったんだろう?

S男性に弱みでも握られているんだろうか?

それとも・・・ やっぱり、自らの意思で奴隷という身分になったのかも・・・


「本当は奴隷は地下牢に入れておくんだが、今回は特別に上の部屋で寝ていいぞ」

と言われ、ちょっとムッときたけど、

僕と綾乃さんは、2階の部屋を使って良いコトになり、そこで寝ることになった。

でも、奴隷さん達は、あの地下牢で寝なきゃならないなんて・・・

あまりにも酷い扱いだ。


綾乃さんは、連れて来たM男性をまだ調教するらしい。

離れたくはなかったけど、この場所にも居たくないので、

先に上の部屋で休ませてもらうことにした。

泊まるコトになるとは思ってなかったから、着替えとか何も持ってきてない。

さすがに、この格好のまま寝るのは無理だ。スカートとか、服は脱ごう。

不本意だけど、ブラも付けたまま下着だけで寝る。



どのくらい寝たのか分からないけど、突然、綾乃さんに起こされた。

しかも、ちゃっかりパジャマを着てる。

自分だけ、着替え持ってきてるのかよぉ~(怒)


「琴美、おはよー」 って、まだ朝の6時だし。

綾乃さんは4時間くらい寝たらしい。

どう考えても睡眠不足のはずなのに、朝から、めちゃめちゃ元気だ(笑)

「あんた、メイクも落とさないで寝たの? 

他の皆はまだ寝てるからシャワーでも浴びておいで」と、言われるがまま浴室へ。

う~ん、本当は寝る前に浴びたかった。


「簡単でいいから、自分でメイクしてみなさい」と綾乃さん。

そんなぁ~、それならシャワー浴びてメイク落とすんじゃなかった。

無駄な行動してる自分・・・

しかも、当たり前だけどメイクは苦手。普通の男子はしない行動だよ。


「こっちにおいで^^」と呼ばれるので、行くと

ベッドの上には、下の調教部屋から持ってみたSM拘束具の数々が・・・

「何・・・するの?」

「いいから、大人しくしなさいっ!」

抵抗しても無駄だけど、やっぱり抵抗してしまう。

だけど綾乃さんを本気で怒らせると、更に酷い目に遭うのは間違いないので

仕方なく、されるがままになる。

裸のまま、動けないように、黒い皮製の拘束具で両手・両足を固定される。

声を出せないように、口には穴の開いたピンポン玉みたいなのを咥えさせられた。

座り込めないように、首輪のフックを壁に固定される。

「本当は、こういうの調教室でやりたいんだけど、さすがに可哀想だからね」

「そのまま、待ってなさい」と、言って寝室を出て行く。


そんなに待つこともなく綾乃さんは戻ってきたが、何故か男性が一緒だ。

裸で縛られた自分を見られたくなく、身をよじるけど意味はない。

「琴美、ごめんね。この人、あんたの体に興味あるんだって」

黒川さんという、このS男性は医者とのこと。

綾乃さんが僕を連れてきたものの、見学だけで何もさせないのを疑問に思っていたらしい。そこで、僕の病気について、黒川さんについ話してしまった、と。

僕の病気は割合的には、そう少なくはないものだけど、

完全に女性体型を形成してるのは極めて珍しいので、見たくなったそうだ。

「綾乃さんには許可をもらったから」と言うが、僕自身は許可なんて出してない!

それに、そういう発言そのものが、僕の人格を無視してる。


両胸を揉まれ、乳首を摘まれる。

口にはピンポン玉を咥えさせられてるので、声にならない声が出る。

しかもこれ、涎がどんどん垂れてくる。すごく恥ずかしい。

体中を、いやらしい手付きで撫でまわされる。

僕の体のチェックをしてるのか、何か調べてるのか知らないけど、

単に撫でて触ってるだけだ。

「いやぁ、いいなぁ~」と言われるが、何が良いのか分からない。

男性器も触られ、チェックされる。

とにかく、泣きじゃくった。

だけど、どれだけ泣いても一向に声にならないからか、

どんなに涙を流しても全く関係ない素振り。

あまりにもヒドイ。


一通り撫でまわされたあと、「写真撮らせてもらっていいか?」と言い出す。

しかも何故か、綾乃さんに聞くのだ。

僕は首を横に振ってるのに、無視だ。

これまた綾乃さんは「顔を映さないんなら、いいよ」と。

僕のコトなのに、この2人は僕の意見を全く聞こうとしない。

綾乃さんにとって、僕は本当に奴隷なんだろう。


30分くらい、そういうコトをされて、やっと解放された。

口にピンポン玉を入れられてたので、顎が痛い。

涙でぐちゃぐちゃになって、周囲も良く見えない。

知らない男の人に裸をみ見られ、触られ、写真まで撮られたのがすごいショックだ。

朝食も摂らず、ずっと寝室にこもっていた。


午前11時頃、来た時と同じ3人でタクシーに乗って帰る。




スクーリングが始まる前の3日間の出来事が、これだった。

実際に目の前で起きたSMの世界は、今でも現実のものとは思えない。

見ず知らずの男の人に、裸を見られて、触られたこともショックだった。

自分の中で、あまりにも異世界の出来事すぎて、正直勉強には集中できていない。


東京から帰ってきても、このことは松本さんに話してない。

って、普通は言えない。


スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琴美

Author:琴美
看護学生です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。