FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災後 ・・・今まで

今回の震災で、本当に何もかも無くした。

生き残ったのに、こんなコト言うと不謹慎と思われるかもしれないけど、生きる希望も無くしてた。


震災当日は、バイト中だった。

大きな揺れの後、津波が来てると知らされ、社員の車に乗って逃げた。

本当に緊急だったので、ロッカーには鞄や携帯も置いたまま。

自分で運転してないから何処に走ってるのか分からないけど、皆が集まってる場所まで逃げた。


町が津波に飲み込まれてる・・・  悪い夢でも見てるかのよう。

実際に目の前で起こってるコトが、現実として受け入れられなかった。



家(賃貸アパート)のあった場所も含め、確認できないけど周囲は壊滅状態。

母親とも連絡が取れないまま。

持ってる物は、今来てる服とポケットに入ってる財布、あと腕時計だけ。

情報も全く入ってこなかったのも、不安だった。

今回、壊滅的被害を受けたのはココだけじゃなく、

岩手・宮城・福島の全域が被害と知ったのは2日後だったし。

原子力発電のコトは、もっと後だ。


あと、母親の安否の確認が全く取れなかったが一番心配だった。。

最悪のコトは考えたくない。

それよりも先に、別の町に住んでる祖父・祖母の死亡が確認された。

交通網が遮断され現地には行けないけど、死亡欄に名前を見つけたときには涙が出た。

それから数日後、母親の死も確認した。


その後どうしたのか、自分でもよく覚えていない・・・

体は生きてるけど、心は死んでた。

避難所で何をしてたのかも分からない。

たぶん、考えるコトすら、したくなかったんだと思う。


「立ち上がる」

簡単そうに思えるこの行動が、どれほど大変か身に染みて理解できた。

ハッキリ言う。今の僕には無理!と断言できたもん。


でも、同じ町内とはいえ、全く見知らぬ避難所の人達や

自衛隊、ボランティアの方々が懸命に動いてくれる。

そんな自分に出来るコト。

・生きる

・立ち上がる

・前向きに進む

この3つを、自分に言い聞かせた。



母親の埋葬も見届けたし、この町に留まる必要は感じない。

中学・高校のイジメで嫌な思い出しかないし、

通信制高校を東京にしたのも都会に行きたい想いからだ。

だけど、行く当てなんて全くない。

更に、お金もない。


ただ、お金は一時金として3万円を手にすることが出来た。

(ホントに一時的なもんだけど、無いよりマシ)

身寄りは全くなくなったけど、東京に遠~い親戚が居るから、とりあえずココを頼ろうと思ってた。

子供の時(今も子供か?^^)に1回会ったのと、

東京でのスクーリングの時に1度泊めてもらったきりだけど。

でも、同じ東京でそこに行くくらいなら、綾乃さん家の方が居心地が良い。

ただ、携帯も無いからメールも電話もできない。勿論、連絡先なんて覚えてる訳ない。

やっぱり直接行くしかないなぁ・・・  

断わられたら、親戚の家を当たろう。(親戚の方もアポなしだけど)


そんな訳で4月6日、行き当たりバッタリの旅に出た。

17歳の春である。


結論から言うと、断わられるコトもなく、綾乃さんは歓迎してくれた。

僕の住所は知ってるから、ずっと心配してくれてたようだ。

電話も通じないからと、何度も携帯やPCにメールしてくれてたとのこと。

(履歴を見せてもらうと、毎日メールしてくれてた)



で、今は東京に避難(居候?)しています。

全部失ったと思ってたけど、このブログだけはちゃんと残ってた。

(自分のPCで管理してる訳じゃないから、当たり前か)

綾乃さんのPCからアメーバ・ブログを開くと、

僕のコトを心配してくれる人から何通かメッセージが入ってた。

ただ、まだ直接のメッセージをやりとりする気持ちじゃないので、ここでの報告に代えさせて下さい。

ごめんなさい。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

1. なんて言っていいか


正直、言葉が見つかりません

その身体でよく頑張ったね

ただ無理だけはしないでね

KSの人を頼ってごらん

力になってくれると思いますよ

分からなかったら聞いて下さいね

遠慮しないで

会ったこと無いけど兄弟みたいなものだから
プロフィール

琴美

Author:琴美
看護学生です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。